ブログ 2018.06.09

燧ケ岳のすそ野に広がる湿原と登山道脇に咲き広がるかけがえのない花々。  尾瀬裏燧林道・上田代湿原を訪ねて。

6月8日(金)のこの日、木道脇では、純白で美しいミツバオウレンが満開でした。

6月8日(金)のこの日、木道脇では、純白で美しいミツバオウレンが満開でした。

細い茎から花開くミツバオウレンの群生は、木道脇でも広がり、心癒される、深山霊峰の大自然の光景です。

細い茎から花開くミツバオウレンの群生は、木道脇でも広がり、心癒される、深山霊峰の大自然の光景です。

白くてかわいいサンカヨウの花々も今満開で、尾瀬沼周辺などでも多くのサンカヨウの花々が見られることでしょう。

白くてかわいいサンカヨウの花々も今満開で、尾瀬沼周辺などでも多くのサンカヨウの花々が見られることでしょう。

上田代湿原では、ヒメシャクナゲが始まりを迎えており、無数に咲き広がる光景は、まさに花の楽園・尾瀬の美しさを物語るようでした。

上田代湿原では、ヒメシャクナゲが始まりを迎えており、無数に咲き広がる光景は、まさに花の楽園・尾瀬の美しさを物語るようでした。

この日はからっとした晴天の日でしたが、雨に濡れたヒメシャクナゲも驚くほど綺麗で、輝きを放っているように見えますね。

この日はからっとした晴天の日でしたが、雨に濡れたヒメシャクナゲも驚くほど綺麗で、輝きを放っているように見えますね。

上田代湿原手前の湿原を望むと同時に目に飛び込んできた、チングルマの光り輝く美しくもかわいい光景。通りすがりの女性の登山客さんの「自然の色の美しさは本当に綺麗ですねー」という言葉が、思い出されます。

上田代湿原手前の湿原を望むと同時に目に飛び込んできた、チングルマの光り輝く美しくもかわいい光景。通りすがりの女性の登山客さんの「自然の色の美しさは本当に綺麗ですねー」という言葉が、思い出されます。

今年も尾瀬でチングルマを見られる季節の到来です。

今年も尾瀬でチングルマを見られる季節の到来です。

木道脇で、可憐な姿を魅せるチングルマ。

木道脇で、可憐な姿を魅せるチングルマ。

ヒメシャクナゲと一緒に群生して咲き広がるチングルマ。花の楽園・尾瀬を象徴しているような光景は、尾瀬の湿原のかけがえのない美しさの象徴です。

ヒメシャクナゲと一緒に群生して咲き広がるチングルマ。花の楽園・尾瀬を象徴しているような光景は、尾瀬の湿原のかけがえのない美しさの象徴です。

イワカガミも咲き始めており、これから尾瀬や会津駒ケ岳の多くの湿原などで、光り輝くような美しいイワカガミの光景が見られることでしょう。

イワカガミも咲き始めており、これから尾瀬や会津駒ケ岳の多くの湿原などで、光り輝くような美しいイワカガミの光景が見られることでしょう。

上田代湿原の針葉樹林帯の奥に望む平ヶ岳の雄大で美しい景観が望める季節の到来です。尾瀬の針葉樹林の中でも、トウヒの枝ぶりは美しく綺麗で、湿原や大自然の美しさをより一層引き出しているようです。

上田代湿原の針葉樹林帯の奥に望む平ヶ岳の雄大で美しい景観が望める季節の到来です。尾瀬の針葉樹林の中でも、トウヒの枝ぶりは美しく綺麗で、湿原や大自然の美しさをより一層引き出しているようです。

燧ケ岳のすそ野に広がる湿原で見る、美しく咲き広がるかけがえのない花々や美しい森林を見ていると、見上げる燧ケ岳の雄大な姿はまさに神の山に見えてきます。地元檜枝岐村に生まれ育ってきた私にとって、燧ケ岳と会津駒ケ岳は神の山そのものです。

燧ケ岳のすそ野に広がる湿原で見る、美しく咲き広がるかけがえのない花々や美しい森林を見ていると、見上げる燧ケ岳の雄大な姿はまさに神の山に見えてきます。地元檜枝岐村に生まれ育ってきた私にとって、燧ケ岳と会津駒ケ岳は神の山そのものです。

6月8日(金)の午前中、お客様がチェックアウトされて、あとかたずけを済ませてから約1時間30分くらいでしたが、今年初めて裏燧林道・上田代湿原まで散策してきました。天候も晴れ渡る快晴の中でしたが、御池湿原奥の木道脇には、これから咲き始める舞鶴草がつやのある葉を輝かせており、その近くでは、純白のミツバオウレンが美しく咲き広がる姿が見られました。オオカメノキの花々もまだ残っておりましたが、ムラサキヤシオツツジの濃い色の美しさがまだ残っており、木道脇のミツバオウレンとともに、花の楽園・尾瀬の春の姿が感じられました。
舞鶴草の花々が見られるのはまだこれからですが、尾瀬沼山峠や会津駒ケ岳の登山道脇など尾瀬国立公園のブナ林や針葉樹林帯で見る舞鶴草はよく見ると本当に美しい花で驚きます。姫田代湿原では、タテヤマリンドウの無数の群生が見られましたが、上田代湿原手前の湿原を望むと、チングルマの純白と黄色の美しい花々が目に飛び込んできました。そしてその周りを見てみると、ヒメシャクナゲが広大に咲き広がり、その中で、イワカガミが咲き始めておりました。さらにタテヤマリンドウが数えきれないくらいに無数に咲き広がっており、通りすがりに出会った登山客の女性の方々も本当に喜んでおられました。特にチングルマは、まさに美しく可憐で、かわいらしさには素晴らしいものがありました。
​今回ほんのわずかな時間の中での尾瀬の湿原散策でしたが、針葉樹林帯の奥に望む名峰・平ヶ岳の景観といい、湿原から見上げる尾瀬の名峰・燧ケ岳の雄大さといい、美しく咲き広がる可憐な花々も含めて、改めて尾瀬国立公園のかけがえのない貴重な美しさに出会えたように思いました。

カテゴリ

アーカイブ