ブログ 2019.07.04

夏の季節を告げるトンボの飛来を見て大自然の中で遊んだ幼少期を思う

山菜のウリー(ウルイ)のつぼみに止まるトンボ(小沢平にて・2019年7月1日)。

山菜のウリー(ウルイ)のつぼみに止まるトンボ(小沢平にて・2019年7月1日)。

ワタスゲに止まるトンボ(2019年7月1日)。ワタスゲはこれから美しい群落が見られる季節となります。

ワタスゲに止まるトンボ(2019年7月1日)。ワタスゲはこれから美しい群落が見られる季節となります。

レンゲツツジの枯れ枝に止まるトンボ(2019年7月1日)。

レンゲツツジの枯れ枝に止まるトンボ(2019年7月1日)。

ウラジロヨウラクツツジとベニサラサドウダンツツジの美しい光景に出会おうと散策していると、今年初めてのトンボに出会いました。
7月1日でした。その日小沢平でも多くのトンボを今年初めて見ました。尾瀬野より望む桧枝岐川渓谷でも、多くのトンボが7月1日頃より飛来し始めました。特に晴れた日の朝は、多くのトンボが桧枝岐川渓谷で見られます。
幼少の頃トンボを捕まえて虫かごに入れたり、トンボの足で小さな石ころを持ち上げて遊んだり、捕まえたトンボを手から離すと勢いよく自由に大自然の中を飛び回るトンボが大好きでした。今でも大好きです。

カテゴリ

アーカイブ