ブログ 2020.03.11

新形コロナウイルスの脅威が続く中、3月11日を迎えて。

東日本大震災発生の次の年に、家族みんなで気仙沼市へ行ってから早8年の月日が流れましたね(2012年3月27日)。

東日本大震災発生の次の年に、家族みんなで気仙沼市へ行ってから早8年の月日が流れましたね(2012年3月27日)。

24歳の時に初めて気仙沼の地を訪れてから、かけがえのない多くの思い出を育んできた港町・気仙沼市。いつ訪れても気仙沼の海と気仙沼湾の光景は本当に綺麗で美しかったです。大津波に襲われた後の光景には涙も含めて全く言葉を失うほど辛く悲しいものがありましたが、気仙沼の地とそして出会ったすべての人々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです(気仙沼市南町・2012年3月27日)。

24歳の時に初めて気仙沼の地を訪れてから、かけがえのない多くの思い出を育んできた港町・気仙沼市。いつ訪れても気仙沼の海と気仙沼湾の光景は本当に綺麗で美しかったです。大津波に襲われた後の光景には涙も含めて全く言葉を失うほど辛く悲しいものがありましたが、気仙沼の地とそして出会ったすべての人々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです(気仙沼市南町・2012年3月27日)。

幼い頃、遊覧船に乗って大島へ行く時など、いつもこのエースポートで3人とも本当によく遊んだね。お父さんとお母さんにとっても、かけがえのない大切な思い出です(気仙沼市南町・エースポートの建物も駐車場も遊覧船乗り場も何もなくなった場所にて・2012年3月27日)。

幼い頃、遊覧船に乗って大島へ行く時など、いつもこのエースポートで3人とも本当によく遊んだね。お父さんとお母さんにとっても、かけがえのない大切な思い出です(気仙沼市南町・エースポートの建物も駐車場も遊覧船乗り場も何もなくなった場所にて・2012年3月27日)。

東日本大震災の信じられないほどの巨大な大津波。とてつもない大災害を乗り越えて復興が進められる中、朝日を浴びて光り輝く気仙沼湾の姿は本当に美しいものでした(2019年9月18日)。

東日本大震災の信じられないほどの巨大な大津波。とてつもない大災害を乗り越えて復興が進められる中、朝日を浴びて光り輝く気仙沼湾の姿は本当に美しいものでした(2019年9月18日)。

昨年の秋、気仙沼市を訪れた時には気仙沼市内と大島が立派な橋でつながっており、驚きとともにまさに感動でした。これからは大島の透き通るような美しい海での海水浴も車で行けるんですね(2019年9月17日)。

昨年の秋、気仙沼市を訪れた時には気仙沼市内と大島が立派な橋でつながっており、驚きとともにまさに感動でした。これからは大島の透き通るような美しい海での海水浴も車で行けるんですね(2019年9月17日)。

女房と二人で訪れた南三陸町・さんさん商店街にて(2017年9月13日)。

女房と二人で訪れた南三陸町・さんさん商店街にて(2017年9月13日)。

東日本大震災の大地震や大津波にて亡くなられた方々に心から哀悼の意を申し上げるとともに、いまだに行方不明になられている人々が一日でも早く見つかり家族のもとに帰ることができるよう、心からお祈り申し上げます。また、福島第一原子力発電所事故や放射能災害などにて、かけがえのない故郷というものを追われたり失うこととなられた方々の故郷そして生まれ故郷が一刻も早く元の美しい故郷の姿に戻ることができるように、心から祈るばかりです。
あれから9年の月日が流れましたが、決して忘れてはいけない、そして風化させてはいけない、そして後世に伝えてゆかなければいけない東日本大震災であり、福島第一原子力発電所事故であると思います。

 

カテゴリ

アーカイブ