ブログ 2020.10.17

月日の過ぎるのは早いものです。10月中旬、遅い紅葉の中でもモミジは美しく。

紅葉の最盛期を迎えた尾瀬ブナ平にて(2020年10月14日)。

紅葉の最盛期を迎えた尾瀬ブナ平にて(2020年10月14日)。

天候は不順でも、いつもの年のように美しい紅葉の季節を迎えた尾瀬ブナ平にて(2020年10月14日)。

天候は不順でも、いつもの年のように美しい紅葉の季節を迎えた尾瀬ブナ平にて(2020年10月14日)。

あっという間に紅葉が進む原生林内。この日の尾瀬ブナ平のモミジの紅葉は素晴らしいものでした(2020年10月14日)。

あっという間に紅葉が進む原生林内。この日の尾瀬ブナ平のモミジの紅葉は素晴らしいものでした(2020年10月14日)。

紅葉の主役モミジ。黄色の色合いも大好きな色です(2020年10月14日)。

紅葉の主役モミジ。黄色の色合いも大好きな色です(2020年10月14日)。

ブナの原生林内のモミジは、本当に鮮やかです(2020年10月14日)。

ブナの原生林内のモミジは、本当に鮮やかです(2020年10月14日)。

月日の過ぎるのは本当に早いものです。今年も、早いもので、もう紅葉の最盛期を迎えております(2020年10月14日)。

月日の過ぎるのは本当に早いものです。今年も、早いもので、もう紅葉の最盛期を迎えております(2020年10月14日)。

燧ケ岳・広沢田代下の原生林の紅葉の様子です(2020年10月14日)。

燧ケ岳・広沢田代下の原生林の紅葉の様子です(2020年10月14日)。

尾瀬ブナ平のモミジは、今年も本当に美しい姿を魅せております(2020年10月14日)。

尾瀬ブナ平のモミジは、今年も本当に美しい姿を魅せております(2020年10月14日)。

光り輝くような圧倒的な美しさを魅せる尾瀬ブナ平のモミジです(2020年10月14日・標高約1400m地点))。

光り輝くような圧倒的な美しさを魅せる尾瀬ブナ平のモミジです(2020年10月14日・標高約1400m地点))。

尾瀬ブナ坂でも今年も紅葉は美しく、モミジも鮮やかな姿が見られております(2020年10月14日・尾瀬ブナ坂にて)。

尾瀬ブナ坂でも今年も紅葉は美しく、モミジも鮮やかな姿が見られております(2020年10月14日・尾瀬ブナ坂にて)。

今のところ、キノコは外れのようですが、少し遅れてやってきた紅葉前線はいつもの年のように鮮やかで美しい姿が見られております。特にモミジは、昨年いまいちだったモミジの木でも今年は、美しい赤や黄色の紅葉が見られております。尾瀬ブナ平では、10月24日頃まで、見頃が続くと思われます。小沢平ブナ樹海ラインの紅葉は少し遅く、10月いっぱい頃まで見頃が続くと思われます。少し残念なのは漆の紅葉が、いつもの年よりも艶のないまた、元気のない紅葉で、少しがっかりです。原生林内では、ブナの木も、コシアブラの木も、ナラの木も、栃の木なども、それぞれに美しい紅葉の光景が見られます。
新型コロナ一色に染まり、暗いニュースの多かった2020年ですが、鮮やかな紅葉の姿を見ながら、ドライブや、大自然の中での散策などをお楽しみいただければ幸いです。

カテゴリ

アーカイブ