ブログ 2018.02.03

2月2日(金)早朝から檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が久しぶりに見られました。

大雪や寒波が続いたわりには霧氷の景観が見られなかった今年の冬。2月2日(金)の朝少しだけ、檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が見られました。

大雪や寒波が続いたわりには霧氷の景観が見られなかった今年の冬。2月2日(金)の朝少しだけ、檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が見られました。

2月2日(金)の早朝から午前11時頃まで、檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が見られました。原生林の木々の枝の姿が白銀の景観へ移り変わる光景は雪景色ならではの景観です。

2月2日(金)の早朝から午前11時頃まで、檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が見られました。原生林の木々の枝の姿が白銀の景観へ移り変わる光景は雪景色ならではの景観です。

首都圏のほうでもだいぶ積雪が見られた今年の冬。奥会津・檜枝岐村でも大雪や最強寒波の後、首都圏が雪などの日に、少しだけ暖かな日々がありました。そんな中2月2日(金)の日の早朝から午前11時頃まで、わずかですが檜枝岐川渓谷の霧氷の景観が見られました。おととしの12月中旬の頃に本当に美しい霧氷の景観が広範囲に見られましたが、ずいぶん久しぶりに見られたように思いました。
今回の霧氷は雨から雪に変わって形成されたものではなかったので、少しだけ霧氷の姿が違うようにも見えました。
​天気予報を見ると、また明日あたりから寒波が襲来しそうですし、1か月予報などでも、寒さの厳しい2月となりそうです。インフルエンザなどもだいぶ流行しているみたいですが、檜枝岐村や、会津高原高畑スキー場などへお越しになられている御客様、そして、せせらぎの宿尾瀬野のホームページをご覧になられている御客様、結構厳しい冬となっておりますので、お体には十分気を付けてお過ごしくださいませ。

カテゴリ

アーカイブ