ブログ 2020.06.28

2020年5月後半・春の日差しを浴びる栃の木とモミジの新緑を見つめて

新緑の頃の薄い葉に光が差し込む光景は、春の原生林内の輝きと新緑の美しさが見られる大好きな光景です(2020年5月24日午前7時頃)。

新緑の頃の薄い葉に光が差し込む光景は、春の原生林内の輝きと新緑の美しさが見られる大好きな光景です(2020年5月24日午前7時頃)。

栃の木の葉もホオノキの大きな葉も、太陽の光を浴びる新緑の光景は最高に綺麗です。朝日でも日中でも夕陽でも原生林内では美しい輝きが見られます(2020年5月24日午前7時頃)。

栃の木の葉もホオノキの大きな葉も、太陽の光を浴びる新緑の光景は最高に綺麗です。朝日でも日中でも夕陽でも原生林内では美しい輝きが見られます(2020年5月24日午前7時頃)。

深みのある原生林内の光景の中で太陽の光を浴びる春の栃の木の葉。やはりブナの原生林内ならではの光景です(2020年5月24日午前7時頃)。

深みのある原生林内の光景の中で太陽の光を浴びる春の栃の木の葉。やはりブナの原生林内ならではの光景です(2020年5月24日午前7時頃)。

朝日を浴びる原生林内のモミジの新緑の光景です(モーカケの滝にて・2020年5月24日午前7時40分頃)。

朝日を浴びる原生林内のモミジの新緑の光景です(モーカケの滝にて・2020年5月24日午前7時40分頃)。

少し離れたブナ坂の清流では、このころまだ多くの雪解け水が流れ、朝日を浴びて心洗われるような緑と清流の光景が見られました(2020年5月24日午前6時15分頃)。

少し離れたブナ坂の清流では、このころまだ多くの雪解け水が流れ、朝日を浴びて心洗われるような緑と清流の光景が見られました(2020年5月24日午前6時15分頃)。

新型コロナウイルス感染症の影響で、第一回目の休業期間であった5月も終盤に差し掛かった頃、新緑の光景を見に尾瀬ブナ坂や、尾瀬ブナ平方面へ向かったところ、早朝の尾瀬ブナ坂のブナの原生林内では、栃の木の葉やモミジの葉が太陽の光を浴びて、本当に美しい原生林の光景を醸し出しており、改めて春の新緑の季節の素晴らしさを感じた日々でした。何気ない原生林の光景の中にも、ふと見つめると、本当に心洗われるような美しい自然の光景が無尽蔵に存在します。栃の木は基本的にブナの原生林よりも標高の低い場所で多く見られますが、まれに標高1600m付近でも単独で見られることがあります。

カテゴリ

アーカイブ