季節の便り 2022.05.27

2022年シーズン・ようやく尾瀬シャトルバス運行開始の季節となりました。

2022年もようやく尾瀬シャトルバス運行の季節となりました。

運行開始日  2022年 5月28日(土)  6時30分始発


※ 当日、尾瀬御池登山口駐車場にて午前8時から約1時間程度、登山者の方々にコロナ対策を実施の上で、お神酒とお赤飯が振舞われるそうです。

今年もようやく、尾瀬御池登山口から尾瀬沼山峠登山口までのシャトルバス運行の季節となりました。尾瀬国立公園の福島県側の観光シーズンの始まりといえると思います。コロナの影響もあるかとは思いますが、年々福島県側からの尾瀬への入山者数が激減している中での、意味の分からない駐車場の完全有料化や、シャトルバスの始発が午前5時から午前6時30分へと遅くなるなど、「遥かな尾瀬」がますます遠くに感じられる、また、尾瀬沼がますます遠くに感じられるような近年です。ゴールデンウイークには尾瀬沼へ入山できた若い頃が本当に懐かしいですし、尾瀬御池登山口も、当然、町中にあるような有料駐車場設備や有料の雰囲気など何もなく、もっとのどかな中にバス乗り場があり、あるのは燧ケ岳の雄大な展望と燧ケ岳の麓の湿原などのかけがえのない大自然のみであり、最奥の深山の雰囲気満点だった頃が本当に懐かしいですし、御客様に対しても自然に対しても素朴な優しさが見られたその当時の尾瀬御池登山口の雰囲気と檜枝岐村の姿を御客様に伝えられないのが残念です。
今シーズンも尾瀬国立公園のシーズンの始まりを迎えましたが、多くの御客様に、尾瀬国立公園の美しく雄大な大自然の中においでいただき、散策やトレッキングされる中で、コロナ禍等で疲れた心と体を少しでも癒していただけたらと思います。
また、今年の冬が大雪だったこともありまして、沼山峠などにはまだまだ残雪が多く残っておりますので、雪の上での歩行には十分にお気をつけていただいて、春の尾瀬沼や、大江湿原のかけがえのない大自然をお楽しみください。

燧ケ岳の噴火により形成された美しい尾瀬沼。特別天然記念物という、かけがえのない大自然を重く受け止めるとともに、自然保護運動発祥の地という尾瀬の尊い大自然への人間としての志と初志を決して忘れてはならないと私達は思います(画像は2017年5月21日に撮影したものです)。

燧ケ岳の噴火により形成された美しい尾瀬沼。特別天然記念物という、かけがえのない大自然を重く受け止めるとともに、自然保護運動発祥の地という尾瀬の尊い大自然への人間としての志と初志を決して忘れてはならないと私達は思います(画像は2017年5月21日に撮影したものです)。

カテゴリ

アーカイブ