ブログ 2024.02.29

2024年2月末・白銀の雪景色に包まれながら生きる日々。

桧枝岐川渓谷沿いの除雪作業で出会った不思議な光景。「清らかな冬の渓谷に横たわる小さなモアイ像」と名づけました(2024年1月31日)。

桧枝岐川渓谷沿いの除雪作業で出会った不思議な光景。「清らかな冬の渓谷に横たわる小さなモアイ像」と名づけました(2024年1月31日)。

白銀の雪景色とともに冬を生きて。山々のスキー場からスキーゲレンデの雪景色とともに生きてきたのが約40年。尾瀬野の雪景色とともに生きてきたのが、はや23年となりました(2024年1月31日)。

白銀の雪景色とともに冬を生きて。山々のスキー場からスキーゲレンデの雪景色とともに生きてきたのが約40年。尾瀬野の雪景色とともに生きてきたのが、はや23年となりました(2024年1月31日)。

真冬の檜枝岐川渓谷で不思議な光景に出会いました。「白銀の渓谷で見るドナルドダック」と名付けました(2024年1月31日)。

真冬の檜枝岐川渓谷で不思議な光景に出会いました。「白銀の渓谷で見るドナルドダック」と名付けました(2024年1月31日)。

清らかに光り輝く冬の桧枝岐川渓谷でかわいい光景に出会いました。真冬の清流で見る「白銀のキティちゃん」と名づけました(2024年1月31日)。

清らかに光り輝く冬の桧枝岐川渓谷でかわいい光景に出会いました。真冬の清流で見る「白銀のキティちゃん」と名づけました(2024年1月31日)。

白銀の雪景色に染まる桧枝岐川渓谷を見つめていると、ふと不思議な光景に出会いました。白銀の桧枝岐川渓谷に横たわる、「本当にかわいい寝起きの輝きの笑顔」と名づけました(2024年1月31日)。

白銀の雪景色に染まる桧枝岐川渓谷を見つめていると、ふと不思議な光景に出会いました。白銀の桧枝岐川渓谷に横たわる、「本当にかわいい寝起きの輝きの笑顔」と名づけました(2024年1月31日)。

朝食の準備中に撮影して(2024年2月26日)。

朝食の準備中に撮影して(2024年2月26日)。

この日の朝食は2名でした(2024年2月26日)。

この日の朝食は2名でした(2024年2月26日)。

御宿泊いただいた御客様、本当に有難うございました(2024年2月26日)。

御宿泊いただいた御客様、本当に有難うございました(2024年2月26日)。

朝食の準備中に、霧氷の雪景色に染まる真冬の桧枝岐川渓谷を見つめて(2024年2月26日)。

朝食の準備中に、霧氷の雪景色に染まる真冬の桧枝岐川渓谷を見つめて(2024年2月26日)。

積雪は少ない冬ですが、久しぶりの霧氷の冬の光景が見られた朝でした(2024年2月26日)。

積雪は少ない冬ですが、久しぶりの霧氷の冬の光景が見られた朝でした(2024年2月26日)。

積雪の少ない比較的穏やかな冬の季節が続いておりますが、近くのスキー場でも極端な雪不足の様子もなく、毎週週末に御宿泊いただいている御客様も、楽しいスキーを満喫されているようで、本当にうれしく思いますし、基礎スキーに夢中に打ち込んでおられる姿からは、いつも元気をいっぱいいただいております。本当に、ありがとうございます。何事でも、目標をしっかり持ってひたむきに打ち込んでいく生き方というものは、本当に素晴らしい人生であると思います。スキーにはそれだけの魅力と楽しさがありますので、ぜひ生涯スポーツとしてのスキーも継続していただきたいと、いつも思っております。「光り輝く白銀のスポーツ・スキー」。ゲレンデでも、限りなく美しい雪景色の中で日々練習し、スキー技術の感覚を磨くとともに、冬と雪の素晴らしさと美しさも感覚の中に自然に浸み込ませてゆくのが、スキーというスポーツの醍醐味の一つかもしれません。雪が少なく生活は本当に穏やかな冬ですが、スキー場の雪も3月20日頃まで持ちこたえてくれることを今願っております。

アーカイブ Archive

カテゴリ

アーカイブ