お知らせ 2017.06.28

7月1日(土)から7月2日(日)にかけて、花の名山 会津駒ケ岳(標高2132m)と、尾瀬のシンボル 燧ケ岳(標高2356m)の山開きが開催されます。

会津駒ケ岳の、駒の小屋直下の大湿原より望む、燧ケ岳の心洗われる景観。まさに、尾瀬国立公園を代表する、美しい心洗われる景観だと思います。

会津駒ケ岳の、駒の小屋直下の大湿原より望む、燧ケ岳の心洗われる景観。まさに、尾瀬国立公園を代表する、美しい心洗われる景観だと思います。

会津駒ケ岳の大池から山頂へと続く大湿原には、無数の高山植物が咲いております。特に滴る汗をぬぐいながら出会うハクサンコザクラのさわやかで美しい光景は、会津駒ケ岳ならではの心洗われる、かけがえのないものだと思います。

会津駒ケ岳の大池から山頂へと続く大湿原には、無数の高山植物が咲いております。特に滴る汗をぬぐいながら出会うハクサンコザクラのさわやかで美しい光景は、会津駒ケ岳ならではの心洗われる、かけがえのないものだと思います。

花の名山・会津駒ケ岳の山頂湿原には美しい池塘も無数にあり、池等のそばで咲く高山植物の美しさもまた、心洗われるものがあります。写真は、池塘のそばで風に揺れる可憐なワタスゲのさわやかな景観です。今年は残雪も多く、このような景観が見られるのは7月中旬以降かもしれません。

花の名山・会津駒ケ岳の山頂湿原には美しい池塘も無数にあり、池等のそばで咲く高山植物の美しさもまた、心洗われるものがあります。写真は、池塘のそばで風に揺れる可憐なワタスゲのさわやかな景観です。今年は残雪も多く、このような景観が見られるのは7月中旬以降かもしれません。

会津駒ケ岳・駒の小屋下の大湿原の池塘の奥に、東北以北の最高峰・燧ケ岳を望む。今年も山開きの季節となりました。多くの人々に、会津駒ケ岳や、燧ケ岳に訪れていただきたいと思います。

会津駒ケ岳・駒の小屋下の大湿原の池塘の奥に、東北以北の最高峰・燧ケ岳を望む。今年も山開きの季節となりました。多くの人々に、会津駒ケ岳や、燧ケ岳に訪れていただきたいと思います。

6月23日(金)現在の燧ケ岳・爼嵓の様子です。

6月23日(金)現在の燧ケ岳・爼嵓の様子です。

花の名山・会津駒ケ岳(標高2132m)と、尾瀬のシンボル・燧ケ岳(標高2356m)の山開きが開催されます。

会津駒ケ岳山開き

7月1日午前6時から、滝沢登山口にて、式典が開催されます。
​お赤飯や,お神酒もふるまわれますので、ぜひおいでくださいませ。
​また、先着400名様にオリジナルピンバッジ進呈もあるそうなので、お楽しみに。

東北以北の最高峰・尾瀬のシンボル 燧ケ岳山開き

7月2日午前6時から尾瀬御池登山口・尾瀬沼長英新道登山口・尾瀬ヶ原見晴新道登山口にて開催されます。
先着200名様に、オリジナルピンバッジの進呈があるそうです。


会津駒ケ岳も、燧ケ岳もまだ、残雪が結構ございますので、お気をつけて登山してください。

花の名山・会津駒ケ岳 /   尾瀬のシンボル・東北以北の最高峰 燧ケ岳も最高の季節がやってきました。

​どちらも、本当に素晴らしい名山でございますので、機会がございましたら、ぜひともおいでくださいませ。








 

カテゴリ

アーカイブ